専用駐車場 2台分 完備
お悩みの症状はお気軽にご相談ください

〒544-0001 大阪市生野区新今里1-18-22

TEL:06-6751-7028

大阪市生野区 白崎整形外科内科 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・内科

院長紹介

担当医表 よくある質問 求人案内 元気発進!!はつらつ☆白崎運動教室
Mobile Site
HOME»  院長紹介

ドクター紹介

院長 白崎信己

整形外科、リハビリテーション、リウマチ担当
医学博士 白崎信己(理事長)

専門分野:脊椎(くびから腰)疾患

“?”めがね

私は、フレームの左側に赤い“?”マークのついためがねをかけて、診察をしています。
このめがねは、ヴェネチアの路地をぶらぶら歩いていた時に、小さなメガネ屋のショーウィンドウで偶然見つけたものです。この時に運命的な出会いを感じました。
私に、このめがねをかけて診察しなさい。と訴えかけてくるのを感じたんです。

クリニックでの診察では、何より“?”が重要です。
うちを訪れてくれたあなたは、痛みや健康に対する不安を何かしら持っていて来院されたはずです。
この症状の原因は何?どうすればよくなるの?どんな治療法があるの?どれくらいで治るの?などなどたくさんの“?”にあふれているはずです。私のめがねを見て、そのさまざまな“?”を私に投げかけてください。その“?”が、よい治療への手掛かりとなるんです。また、その“?”に私がお答えしているうちに、あなたの病気・症状に対する理解が生まれてくるでしょう。
治療は、私が一方的に施すものではありません。あくまでも私はあなたの治療のお手伝いをするわけですから、あなたにいろいろ“?”してもらって、あなた自身に病気を理解してもらいたいんです。

また、この“?”マークは、私自身への戒めでもあるのです。毎日毎日、何十人も診察していますと、ともすれば疾患に対する“慣れ”が生まれてしまい、あまり考えもせずに対処してしまう危険性がでてきます。痛みの本当の原因はどこから?他に原因となるものはないのか?いつもの治療法でよいのか?もっと別の良い方法はないのか?などなど、私の頭の中も、たくさんの“?”であふれさせねばなりません。
そうすることによって、望ましい治療がみえてくるのです。

一度、私の診察室を訪れてください。“?”めがねでお出迎えしますね。

略歴

1980年
大阪大学医学部卒業
阪大病院、大阪府立羽曳野病院、西宮市立中央病院、大阪府立病院、国立香川医科大学整形外科に勤務
1991年
アメリカ整形外科学会Travelling Fellowとしてアメリカ・カナダ留学
1992年
Zimmer Spinal Fellowshipを受賞、英国王立整形外科病院(ロンドン)留学
ヨーロッパ頚部脊椎学会(アテネ)座長
1993年
大阪船員保険病院整形外科 部長
1998年
白崎整形外科内科 開院

サンデー毎日「お医者さんが診てもらいたいお医者さん2700人」
毎日新聞社「あなたのお医者さん2800人」掲載

資格

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本リハビリテーション学会 専門医・認定臨床医
  • 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
  • 日本リウマチ財団 登録医
  • 身体障害者(肢体不自由)指定医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医・認定リウマチ医・認定スポーツ医
  • 日本医師会 認定産業医・認定健康スポーツ医
  • 大阪体育協会スポーツ医
  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)
PAGE TOP